堅田の浮見堂
EREGTED BUEDING OF KATATA
目録番号: 1328  ( ID:1328 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 滋賀
年代: 年代未詳
色彩: モノクロ
形状: 91x57
整理番号: 30-7-0
キーワード: 寺/湖/眺望
  関連書籍を探す

大津市堅田、満月寺の浮御堂である。長徳年間(995〜99)、恵心僧都が湖上安全と衆生済度のため造立したのが起こりとされる。古くから俳句・浮世絵の題材となっており、芭蕉の句「鎖あけて 月をさし入れよ 浮御堂」がある。現在の浮御堂は昭和12年に建て直されたもので、写真のものとは細部において異なっている。