中山道追分の宿場
1117 OIWAKE NAKASENDO
目録番号: 1601  ( ID:1601 )
撮影者: 日下部金兵衛
アルバム名: 日下部金兵衛アルバム
撮影地域: 長野
年代: 明治中期
色彩: カラー
形状: 265x207
整理番号: 38-49-0
キーワード: 街道/旅館/集落
  超高精細画像を見る
  関連書籍を探す

追分宿の東端、昇進橋を渡り少し行ったあたりの町並みか。右手に油屋が見えるが、この店は、明治・大正に入り追分がさびれた時にも、旅籠屋として存続した。堀辰雄など、多くの文学者が滞留したことでも有名。