三十三間堂の千体仏(1)
L98 SANJUSANGENDO, KIOTO AN IMAGE OF BUDDHA (PART 3.)
目録番号: 24  ( ID:24 )
撮影者: 日下部金兵衛
アルバム名: 日下部金兵衛アルバム
撮影地域: 京都
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 281x222
整理番号: 1-24-0
キーワード: 寺/仏像
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

京都市東山区三十三間堂。後白河上皇の初願により、平清盛が造進した千体観音堂。千体仏(木造千手観音立像、実は1001体ある)は、帝王が多くの仏を造れば万民が幸福になるという古代インド仏教の千仏思想を基にするものである。本尊千手観音坐像を中心に、左右に500体づつ、全10列に並び、背後に1体ある。写真下の書き入れには「10000」と記されている。