亀戸天神(1)
untitled
目録番号: 2417  ( ID:2417 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 東京
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 132x87
整理番号: 51-39-0
キーワード: 神社/花木
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

太宰府天満宮及び北野天満宮とこの亀戸天満宮(現亀戸天神社)は、共に菅原道真公を祀り三天神と呼ばれる。大宰府の別当だった菅原大鳥居信祐(すがわらおおとりいのぶすけ)が飛梅の木で御身体を彫り、寛文元年(1661)に本所の東の一角に安置したのが起源とされる。寛文2年(1662)四代将軍家綱が土地を寄進し、社殿・楼門・心字池・太鼓橋などが大宰府を模して造営された。