祝言の三々九度(1)
untitled
目録番号: 2430  ( ID:2430 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 未詳
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 132x88
整理番号: 51-52-0
キーワード: 男女
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

結婚の夫婦固(めおとがため)の杯として三杯ずつ三度杯をやり取りするところから三々九度(さんさんくど)という。本来は男女の稚児が酌をする役割で、酒をいれた酒器には雄雌の蝶をかたどった折形がそれぞれ取り付けられる。新郎はちょん髷に上下(かみしも)姿、新婦は頭に角隠し(つのかくし)とも呼ばれる真綿を平たくして作った綿帽子をかぶり、衣服は帯を締めた上から打掛小袖(うちかけこそで)を羽織った正装である。