愛宕山百段男坂(5)
461 ATAGOYAMA
目録番号: 4006  ( ID:4006 )
撮影者: スチルフリード
アルバム名: スチルフリードアルバム(3)
撮影地域: 東京
年代: 年代未詳
色彩: モノクロ
形状: 242x194
整理番号: 78-24-0
キーワード: 神社/鳥居/男性
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

愛宕山山頂の愛宕神社に行く石段。中央の男坂は講談や浪曲で馬垣平九郎が馬で上り下りしたという石段。とても馬が下りられるとは思えないほど(約40度)の急勾配である。鳥居の右手の緩やかなのが女坂。山裏面の北側に新坂があり、合計3つの坂があった。本写真はスティルフリード(Baron Raimund von Stillfried Rathenitz)販売のアルバムにある写真で、ベアト(Felix Beato)撮影の可能性もある。明治初年。