皇居二重橋(7)
Imperial palce bridge Tokyo.
目録番号: 4435  ( ID:4435 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 東京
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 267x210
整理番号: 87-1-0
キーワード: 江戸城/橋
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

内堀(二重橋堀)に架かる郭門橋は寛政年間(1789ー1801)頃の架橋といわれている。江戸・明治期には手前が西の丸大手橋で奥が西の丸下乗橋と称されたが、いま宮内庁で使用している名称は写真で手前が「皇居正門石橋」、見えないが奥が「皇居正門鉄橋」とのこと。昭和23年(1948)から二重橋は、1月2日と天皇誕生日に一般参賀で渡ることができるようになった。明治中期撮影。