方広寺大鐘(4)
The Great Bell, Hokoji Temple
目録番号: 4475  ( ID:4475 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 京都
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 269x211
整理番号: 87-41-0
キーワード: 寺/男性/子供
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

石柱敷の上に置かれた方広寺大鐘を南西から北東に望む。男性が両手を広げて大鐘を抱きかかえ、その前に3人の子供が立つ。手前には多数の扇子の骨が干されている。大鐘は豊臣秀頼が方広寺再建に際し慶長19年(1614)の大仏開眼供養時に造営したもので、高さ4.5m、口径2.8m、厚さ28cm、重量約8.3tと言われる。右奥の二層の大仏殿は昭和48年(1973)に焼失した。