方広寺大鐘(5)
Kioto(Big bell) 281. 二八一
目録番号: 4771  ( ID:4771 )
撮影者: 臼井秀三郎
アルバム名: 臼井秀三郎写真集
撮影地域: 京都
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 215x262
整理番号: 94-19-0
キーワード: 寺/男性
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

石柱敷の上に置かれた方広寺大鐘を東から西に望む。大鐘のは周囲には木製の柵がめぐらされ、その前に2人の男性が立つ。背後には西山連峰が霞んで見える。大鐘は豊臣秀頼が方広寺再建に際して慶長19年(1614)の大仏開眼供養の時に造られたもので、高さ4.5m、口径2.8m、厚さ28cm、重量約8.3tと言われている。1882年7月以前に横浜の写真師臼井秀三郎が撮影。