蛍茶屋と一の瀬橋(3)
H4 HOTAROJAYA NAGASAKI
目録番号: 5645  ( ID:5645 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名: 長崎明治手彩色写真帖1
撮影地域: 長崎
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 259x189
整理番号: 109-31-0
キーワード: 橋/川/乗物/街道
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

蛍茶屋を上流から撮影している。茶屋の右側は一の瀬橋になるが、木の茂みに欄干が見える。左の道は日見峠に続く長崎街道。明治15年(1882)松田源五郎ら9人の日見新道会社により、ここから矢上の切通しまで新道が完成した。当初7年間は片道一人一銭を徴収した、わが国初の有料道路。