飽の浦恵美須神社(7)
A186 NAMINOHIRA AT NAGASAKI
目録番号: 5648  ( ID:5648 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名: 長崎明治手彩色写真帖1
撮影地域: 長崎
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 259x189
整理番号: 109-34-0
キーワード: 神社/船
  同一タイトルの写真

  関連書籍を探す

写真には「浪の平」とあるが、飽の浦の恵美須神社である。恵美須町(現・長崎駅付近)から寛永10年(1633)、小柳五郎佐衛門道長が稲佐の「瀬ノ脇村」のこの地に移転した。フェートン号事件の時に奉行松平図書守の御用場所となる。明治維新後、稲佐神社と改称したが、昭和12年(1937)に創立時の呼称が復活。鳥居の下まで海岸が迫って、漁家が建ち並び、港内から対岸を見渡せる景勝地であった。