桶直し職人
untitled
目録番号: 586  ( ID:586 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 未詳
年代: 年代未詳
色彩: カラー
形状: 93x136
整理番号: 13-6-0
キーワード: 職人
  関連書籍を探す

今日見られるような、板を円筒形に並べ、箍(たが)で締めて底板を付けた桶は、室町時代以降に工夫されたものである。板には針葉樹材が用いられ、箍には主に竹が用いられた。製造と販売を兼ねる居職の者が桶屋となったが、写真のように箍締めに歩く出職の職人も多く見られた。