東山手12番から大浦居留地を望む
View of the settlement (Nagasaki) from our bungalow
目録番号: 7121  ( ID:7121 )
撮影者: 上野彦馬か
アルバム名: ポッターアルバム
撮影地域: 長崎
年代: 明治初期
色彩: モノクロ
形状: 280x226
整理番号: 135-1-0
キーワード:
  超高精細画像を見る
  関連書籍を探す

東山手12番(左の大きな屋根)の高台から、大浦居留地越しに南山手を望む。丘には大浦天主堂と グラバー邸が見える。12番館は、もともとアメリカのウォルシュ商会が家主で、明治10年(1877)には西 南戦争の病院として使われたが、ポッターは、明治11年(1878)10月から明治15年(1882)頃まで、妻および三人の子供たちとこの家に住んだ。