台風で倒壊した初代長崎県庁舎(2)
目録番号: 7130  ( ID:7130 )
撮影者: 上野彦馬
アルバム名: ポッターアルバム
撮影地域: 長崎
年代: 明治7年
色彩: モノクロ
形状: 280x225
整理番号: 135-10-0
キーワード:
  超高精細画像を見る
  関連書籍を探す

明治7年(1874)8月20日の台風で倒壊した初代長崎県庁舎の瓦礫。倒れた松の古木や建物の礎石 のゆがみは暴風の強さを証明している。旗竿は健在で、鉄製の門柱が立つ裏門も被害が軽い。背後 に茫然と佇む和服と洋服の人々は県庁の関係者と思われる。左の四角は井戸の囲いであろうか。