神棚売り
MIYAYA-SELLER OF MIYAS OR TEMPLES
目録番号: 872  ( ID:872 )
撮影者: 撮影者未詳
アルバム名:
撮影地域: 未詳
年代: 年代未詳
色彩: モノクロ
形状: 193x135
整理番号: 18-54-0
キーワード: 行商
  関連書籍を探す

神棚が各家で常設されるようになるのは、近世初頭の頃であり、仏壇の普及と相俟っている。通常、皇大神宮(伊勢)の大麻(神符)を中心に氏神等を奉り、榊を立て御酒・神饌を献ずる。師走(12月)の市には、神棚売りが出て、各家古い神棚を買い換えた。