幕末・明治期日本古写真超高精細画像
English Version
1224 南山手からの大浦居留地(1)
    NAGASAKI
目録番号: 1224
撮影者: 内田九一
撮影地区: 長崎市内
撮影年代: 明治初期
アルバム名: 鈴木真一(II)写真館
色彩: color
形状: 266×208
 
長崎居留地マップ
クリックすると超高精細画像を表示します。

  現グラバー園の展望台下付近から大浦と出島を望んだもの。画面左下の洋館が南山手8番のもので、中段右手の旗竿が2本立つ大きな建物は幕末期からあるベルヴューホテルである。その手前に大浦天主堂への坂道がみえる。大浦海岸通りにも2階建ての大型洋館が並びはじめ、海岸通りの突き当たりには運上所(税関)の荷物改所の初代建物が建つが、東山手の丘には14番の建物だけがあって、16番の洋館(現在は南山手に移築)はまだない。こうした建物の様子からすると、明治5年(1872)~6年頃の撮影であろう。幕末期以降は長崎港の浚渫が放置されていたので、出島前には中島川が運んできた土砂が堆積し、干潮時には写真のように広大な砂州が露出した。これでは出島や大浦に小型の艀も接岸しがたくなるので、のちに中島川を出島の北側へ流す港湾改修工事を行う動機となった。左手の下り松42番の空き地に積み上げられているのは石炭であろう。