幕末・明治期日本古写真超高精細画像
English Version
3237 大波止大黒町を望む
   
目録番号: 3237
撮影者: 内田九一
撮影地区: 長崎港周辺
撮影年代: 明治初期
アルバム名:
色彩: color
形状: 266×206
   
クリックすると超高精細画像を表示します。

  出島の前方付近から、長崎市街地の海岸線を大黒町砲台付近にかけて撮影した写真である。長崎港には、出島から湾口にかけて大型の外国船が係留され、出島から湾奥にかけて長崎の近郊・沿岸用の和船が係留されている。明治初期の、さまざまな和船の種類を見ることができる。写真右下の荷物を満載した船には、6人ほどの船頭が乗っており、荷役待ちのために昼寝をしている。人間の表情が見える風景写真である。写真中央の山は立山であり、頂上付近まで畑に耕し尽くしている。山の下に木立が点在するが、その付近が筑後町の寺院群である。海岸線を見ると、右端に僅かに石垣が見えているが、これは出島の西端である。その先に、端正な石垣があり街灯が並んでいるが、そこが大波止である。さらに、大波止、浦五島町を経て大黒町に至るが、左端に砲台場が見えている。国内航路で繁栄している明治初期の長崎を撮影した写真である。